保育方針

方針

1.たくましい体力を作り、頑張る気力を養う

2.温かい励ましと厳しいしつけによって基本的な性格の形成をはかる

3.自然に親しみ、豊かな心情を養う


目標

1.元気でのびのび遊び、何事にも自分の力で意欲的にやろうとする子 

  探究心の豊かな子

2.基本的生活習慣を身に付け、心身共に健康な子 

  優しい心で友だちや身近な人々と適切に関わる子

3.身近な動植物や自然に親しみ、愛情や関心を持つ子 

  明るく素直で、自信を持って生き生きと自分の思いを表現する子


各計画書

  園則、幼保連携型認定こども園教育・保育要領に基づく全体計画、

  各年齢児別年間保育・教育指導計画、各年齢児別月間保育・教育指導計画、

  年間食事計画、年間食育計画、年間行事計画、避難訓練年間計画、学校安全計画、学校保健計画

  感染症対策マニュアル、事故後対策マニュアル、非常災害対応マニュアルなど


特別な保育事業の実施について

  地域の子育て中の保護者のお役に立てるよう、以下の事業を行っています。
  どなたでもお気軽にご利用下さい。

 1、保育所子育て支援促進事業
  ○地域交流事業・・・各種行事の実施などにより、
   地域のあらゆる世代の住民と保育園児との交流を推進する事業である。
   例)七夕会、秋祭り、運動会、もちつき大会、とんどへの参加など
  ○親子交流事業・・・地域の親子に対して、園児とのふれあいの場を提供するとともに、
   保育士の積極的な関わりを通して、子育て中の親に対する相談・支援、及び
   子育て関連情報の提供などを併せて行う事業である。
   例)竹馬作り、おもちつき大会など

 2、乳幼児子育て応後事業
   概ね0~2歳児の在宅児童とその親に対して、
   乳幼児の育児や遊びの全般に関する親の体験活動や悩み相談の機会を設ける。
   又、保育所入所児童とー緒に保育・遊びを体験することにより、
   簡単な身の回りの活動を習得させる。
   実施日 火曜日・金曜日 15時30分~17時ノ指定日

 3、放課後児童クラブ(学童保育)
   卒園児の小学生に限り、児童をお預かりします。平日 15:30~18:00
                         土曜 8:30~12:00

 4、育児相談
   育見についてどんなことでも結構ですので、ご相談下きい。
   相談日)平日AM9:00~PM3:00 電話079(298)3975

 5、園庭や図書コーナーの開放
   保育行事のない平日夕方や夏季・冬季保育期間中に行います。ご相談下さい。

 6、その他、在籍児に対して
   延長保育事業(PM6:00~7:00)・障害児保育事業など行っています。

*医師による登園許可書の必要なもの(任意)

感染症名

感染しやすい時期

登園のめやす

麻しん(はしか)

発症1日前から発疹出現後の4日後まで

解熱後3日を経過してから

インフルエンザ

症状がある期間(発症前24時間から発病後3日程度までが最も感染力が強い)

発症したのち5日を経過し、解熱した後2日(幼児は3日)

風疹

発疹出現の前7日からあと7日間くらい

発疹が消失してから

水痘(水ぼうそう)

発疹出現1~2日前から痂皮形成まで

すべての発疹が痂皮化してから

流行性耳鼻下腺炎

(おたふくかぜ)

発症3日前から耳下腺腫脹後4日

耳下腺、顎下腺、した下腺の腫脹発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好になるまで

結核

 

医師による感染の恐れがないと認めるまで

咽頭結膜炎(プール熱)

発熱、充血など症状が出現した数日間

主な症状が消え2日経過してから

流行性角膜炎

充血、目やに等症状が出現した数日間

感染力が非常に強い為、結膜炎の症状が消失してから

百日咳

抗菌薬を服用しない場合、咳出現後3週間を経過するまで

特有の咳が消失するまで、又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療を終了するまで

腸管出血性大腸菌感染症

O157、O26、O111など

 

症状が治まり、かつ抗菌薬による治療が終了し、48時間を空けて連続2回目の検便によって、いずれも菌陰性が確認されてから

急性出血性結膜炎

ウイルスが呼吸器から1~2週間、便から数週間~数か月排出される

医師により感染の恐れがないと認められるまで

髄膜炎菌性髄膜炎

 

医師により感染の恐れがないと認められるまで

*医師の診断を受け保護者が届出をだすもの (任意)

感染しやすい時期

登園のめやす

溶連菌感染症

適切な抗菌薬治療を開始する前と開始後1日

抗菌薬内服後24~48時間経過していること

マイコプラズマ肺炎

適切な抗菌薬治療を開始する前と開始後数日間

発熱や激しい咳が治まっていること

手足口病

手足や口腔内に水泡・腫瘍が発症した数日間

発熱がなく(解熱後1日以上経過し)普段の食事ができること

伝染性紅班(リンゴ病)

発疹出現前の1週間

全身状態ができることら

ウイルス性胃腸炎
(ノロ、ロタ、アデノウイルス等)

症状がある間と症状消失後1週間(量は減少していくが数週間ウイルスを輩出しているので注意が必要)

嘔吐・下痢等の症状が治まり、普段の食事ができること

ヘルパンギーナ

 急性期の数日間(便の中に1か月程度ウイルスを排泄しているので注意が必要)

発熱がなく(解熱後1日以上経過し)普段の食事ができること

RSウイルス感染症

呼吸器症状のある間

呼吸器症状が消失し、全身症状がよいこと

帯状疱疹

水泡を形成している間

すべての発疹が痂皮化してから

突発性発疹

解熱し機嫌がよく全身症状がよいこと


警報発令時の対応について

  1、午前6時現在、「兵庫県全体・兵庫県南部・播磨南西部」に
    暴風・大雨・洪水・大雪警報発令中は開園しておりますが、
    全園児は自粛登園としますので安全上、自宅待機をして下さい。

   ※送迎用のバスは運休します。
   ※1号認定者は登園できません。

  2、警報が解除になった場合も一日、自粛登園で出席扱いとします。
                (年齢児別の保育活動はありません)
    家庭保育が困難な方は、本園にご連絡下さい。

  3、在園時に警報発令及び発令の可能性がある場合は、状況を判断して園長が指示します。

  4、その他の非常変災で、保護者の方が登園させるのは危険だと判断した場合は、
    自宅待機させ、その旨を保育園まで御連絡ください。

   ※本園の校区は範囲が広く、通園方法も多岐にわたるため、
    校区内の小学校とは対応が異なる場合もありますのであらかじめ御了承ください。
    また、上記の内容で不明な点がありましたら、本園まで御連絡ください。




アレルギーに対する給食調理について

   近年、食文化・食生活などの変化からアレルギーをもつお子様が急増しています。
  本園は、その実態に合わせてアレルギー対応の給食・おやつを提供しています。
  アレルギーをもつお子様はご連絡下さい。